砥石の精度

研ぎの仕事で最も重要な道具とはなんだろうか?

考えたが全部大事なので決められないが、やっぱり砥石なんだろうと思った。

と言うより、メンテナンスに気が抜けないと言う意味ではダントツで1番だ。

 

砥石の狂いは、ハサミを文字通り破壊する。

1ミリの狂いなんてお話しにならない。

触点のレベルを傾け、先端のアールを弱くし、更には裏刃を拡げる。

シザーは構造こそ単純だか精密なアイテムなのだ。

 

画像は、プロの研ぎ師御用達のなおる君。砥石の面直しの道具。

結構、値が張るので初期の頃はガラスに金剛砂を撒いてズリズリしていたが、現在もっぱらコレを使っている。

 

どんなに優れた技術を持った職人でも道具のメンテを怠る様では三流以下だ。

理美容の技術者も同じだろうが、多分、ありとあらゆる世界でも同じだろう。